アースデイ東京出店初日 [2006年04月24日(Mon)]

今年は、代々木公園で行われている「アースデイ東京」には、展示ブースで参加している。
NPOビレッジという企画なのですが、私は個人で活動しているので、NPP(ノンプロフィットパーソナル:非営利個人)なんですが、NPOとして認められちゃっての出店することになった。
裏が「青山ブックセンター」、道をはさんで「GAIA」と「種屋さん」(店の名前忘れた)、隣が化石燃料を使わない船でフェアトレードをしようというプロジェクトという、濃いご近所さんに囲まれて、ひっそりと出店しています。

何を展示しているかというと、タイのアンダマン海沿いの2004年12月26日に襲った津波後の復興支援の展示をしている。

・津波復興住宅で作られた、家と仕事を失った方の自立支援商品の展示販売。
・パネル写真で、プーケットは、観光出来る状態になっている。2005年は日本人観光客だけが極端に戻ってきていないために第二次災害と言える経済被害が発生している。
・プーケット・カロンビーチの「鳴き砂」の展示。津波の後に、自然環境が観光開発をされる前の素晴らしい状態になっている。
・絵本の展示。ピピ島の小学生が津波の当日の様子を書いた絵本。
・出版物の販売。マングローブ植林プロジェクトの取り組みについての本。

などなど、小さなブースだけど盛りだくさんだ。

NPPなので、人出が足りないということもあって。いろんな人が手伝ってくれる。
今回は、タイ・カオラックで、津波被災者の心のケアをしていたエクアドルの女性の方も来てくれた。

こうやって、出展しているといろんな人と出会う。
まあ、出演している人に知り合いが多いので、同窓会のような感じもあるのだが、思わぬ出会いもある。
「展示していたパネルの写真に20年ぐらい連絡が取れなかった人だった」なんてことが発覚。
おそらく、本人だということで、代理で連絡を取ってみることに・・・。

アースデイ東京って、たくさん人が来ているけど、こうやって見てみると、一部のある特定の属性の人が集まっているだけなんじゃないかなと感じた。

去年は、愛・地球博などがあり、「環境に良い」ということが、一般に良い価値観と捉えられるようになったのだが。
環境・人権などに関心が高く、行動に移している人というのは、決まった人がやっているケースが多く、価値観の広がりほど広がりが出てきていない感じだ。

これは「環境に良い」ということが、一般に良い価値観となったのは、あくまでも、テレビなどのマスメディアの影響が大きく。従来の活動をしている人が、環境に良いという行動をする人を増やす力より、格段に強いという事があるのだろう。

言い換えれば、去年は「環境に良い」ということを消費する人が増えたということだと思う。

今後のアースデイはどうなるのかわからないが、「環境に良い」ことに乗っかるのではなく、「環境に良い」行動をする人の広がりで、もっと変わってくるだろう。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]