カオラックの民芸品販売店が笹塚と池袋に増えました [2006年05月11日(Thu)]

タイ・パンガー県のカオラックの津波復興住宅で作られている民芸品販売店が増えました。
今までは、イベント中心の販売だったのですが。
カオラックはシーズンオフとなり商品が売れなくなる時期なので。津波で家と仕事を失った方の自立支援のお手伝いということで、日本での販売経路を拡大しようとしております。(それと継続的に被災地を取材するための経費の捻出も大きかったりして)
関西地区での常設販売店を契機に、少しずつ取扱店を増やそうとしております。

そんなことで、東京地区に2箇所の販売店で、5月11日より、下記の店で、カオラックの民芸品が販売されます。

★笹塚 笹塚観音通り商店街 「きんぼし」 ※木曜のみ販売

新潟の地酒「きんぼし」の名の通り、普段はお酒と旬の野菜などを使った料理を出しているお店ですが。飲食店の定休日の木曜日は、民族楽器や草木染めなど、人や地球にやさしくなれる商品などを販売しています。

★池袋 「たまにはTSUKIでも眺めましょう」 ※SAORIリストバンドのみ販売

池袋のハズレにある知る人ぞ知るオーガニックバー。
寺田本家の酒が飲める。

豊島区池袋3-54-2 03-5954-6150 ※月曜定休

いまのところ、カオラックの民芸品を置いてくれている店は、どの店も大きくないけど、それぞれどこかやさしい雰囲気を持つ素敵な店なんですよね。
そんなやさしい人たちによって、少しずつですが、やさしいひとの手元に届いていっています。

ちなみに、西宮の阪神鳴尾駅近くのManchaの方でも、カオラックの民芸品がポツリポツリと売れてきているという情報も入ってきています。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]