「あーすフェスタかながわ2006」に出展してきました [2006年06月07日(Wed)]

6月3日4日は、「あーすフェスタかながわ2006」に出展してきました。
それにしても、会場の本郷台は、遠い、遠い。横浜市といっても、外れも外れ。距離的には、藤沢が近いとはいえ。藤沢からの電車の連絡が悪く30分はかかる。
しかも、荷物は毎日持ち帰らないといけないという、東京から出てくる身には、かなりの悪条件。(神奈川県内でも、いやかも)
お客さんは、ファミリー中心で。
子供が、世界中の民族楽器に目を輝かせています。
その横で、ひっそりと、カオラックの民芸品を売っていたのですが。
昼間は全然売れないのですが、終わる直前になって、どどどどっと買いに来るという、不思議なお客さんの流れでした。
そんなことで、とりあえず、仕入れと出展料と交通費がやっと出たという感じだったのですが。
楽しかったのは、いろんな国の方とお話が出来たり、いろんなNGOやNPOの方とお話が出来たことです。
モンゴルからきた留学生の方が、国際電話サービスの宣伝のために来たのですが。「STILL ALIVE」の内容を聞いて、とても共感を持ってくれたり。
タイのドキュメンタリー映画「デック 子どもたちは海を見る」の日本語化についての話をきいたり。
カンボジアの女性を妻としている方と雑談をしたり。
・・・・・
とにかく、こういうイベントって、出会うことで、様々な共感が生まれたり、次に繋がる感じがするのが楽しいんですよね。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]