おもちゃのまちの仲間たち [2007年09月08日(Sat)]

9月9日10日と東京ビッグサイト、西4ホールで行われるイベントにツナミクラフトを出店します。
今日は、その準備のために会場に行ってきたのですが。
会場で美しいさをり織りを発見しました。

これは、栃木県の「手織り工房 のろぼっけ」のブースです。
この「のろぼっけ」は、「だれもが生き生きと生きることのできる社会作り」を理念として、1993年におもちゃのまちで有名な栃木県の壬生町に出来たそうです。
ここでは、障害の有無にとらわれることなく、それぞれが持っている個性を引き出すことを主眼に置いているとのこと。

今回の展示は、その個性の表現方法として反物を中心に展示をしています。
それぞれの個性が見事にわかります。

たとえば、視力を失った作家さんは、視力が残っていた時の記憶を元に、ひと織り、ひと織り、点字で記録をとり作品の全体像を見渡して織り上げるとのことで。大胆な色遣いの美しい文様の作品を作りつづけているとのことです。

どの方がいらっしゃるか聞き損ないましたが、当日、作家さんもいらっしゃるとのことで。
直接、いろんな制作秘話をきけるかもしれませんよ。

そうそう、もう一つ重要なことなのですが。
のろぼっけが目指していることの一つに、モノを売ったら終わりということではなく、お互いの声が届く「想いが循環する関係」をつくるという事があります。

これって、ツナミクラフトを売りながら、気をつけている事ととても似ているんです。
先日、通販をしてくれるサイトが現れたのですが。私が直接、インターネットを含めて通販を行わない理由は、私、ひとりが、お客さんとコミュニケーション出来る限界があるからです。だから、できるだけ多くの人を介して、作品を売っていく仕組みをつくることで、多くの人が、作品を通してコミュニケーションを図ってもらうことが出来るのです。
そんな想いがあるからです。

そんなわけで、おもちゃのまちの仲間たちの展示の他にも、ものをつくって、社会を良くしたり、素晴らしい生き方をしようとしている方がたくさん発表をしているので、是非見に来て下さい。

ちなみに、わたしのブースは「手エコ村」の一角の会場の一番隅っこにおります。
隣がアフリカ支援のブースです。

第4回もの作りビッグギャラリー『モノ・クリエイション2007』
www.monozukuri-bg.com
会期:9月9日(日)・10日(月)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西4ホール

[CANPAN blog STILL ALIVE より]