「土木の日」広川町公演 [2007年11月17日(Sat)]

エコロジーシアターが和歌山県にやってきました。

十一月十八日が土木の日ということで、国土交通省が主体となって防災と環境をテーマとしたイベントがいろんなところで開催されていて、その一環としてエコロジーシアターが広川町に呼ばれました。
(防災と環境という面では、うちのブログのテーマとあっていますね)

今回の演目は「季節はずれのサンタクロース」。
山間の小さな町が、森林を守らないために水害に遭ってしまうといいうお話です。

約50分の朗読劇だったのですが。見に来ていた子供たちは、誰一人騒ぐことなく、最後まで見てくれました。

この様子は、テレビ和歌山で、11/19の朝の情報番組で流れる予定だと聞いています。
誰か見た人は教えてください。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]