東京駅でフェアトレード [2007年12月04日(Tue)]

ここんところ毎年この時期になると、東京駅構内にフェアトレード店である第三世界ショップがお店を出してます。

早朝から深夜まで開店しているので、かなり大変なのですが。
普段、目黒にある店で出せないものが置けたり、アウトレット品が販売されたりと、なかなか見所が多いのですが。一番素晴らしいのは、一般の人が通りがかりに、面白い商品が並んでいるという感覚で気軽にフェアトレードの商品に接することができるということでしょう。
残念ながら、日本のフェアトレードショップは、ビジネスとしてきっちりと軌道に乗っているところはほとんどなく、人通りの多い所に出店することができない。これが実情です。
だから、こういう人目に触れるところでの販売の意味はとても大きいのです。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]