ママヒップホップinベビーアースデイ [2008年04月19日(Sat)]

本日より東京・代々木公園にて、アースデイ東京2008が開催されています。
昨年、一昨年は、ツナミクラフトのブースでの、津波復興住宅製の民芸品販売をしていたのですが。今年はけやき並木で「自然育児友の会」が中心になって実施している「ベビーアースデイ」のミニステージの音響のお手伝いです。
そういや、4年前のアースデイでも、けやき並木で、グリーンクリエイターズネットワークのミニステージの音響を、今回と同じように直前に決まってオペレーションしてました。

さてさて、ステージにはいろんな方が出てくるのですが、今日の人気プログラムを二つ紹介します。

「ママヒップホップ」
アースデイ=環境という既成概念を持っている人って多いと思いますが。そんな思い込みなんかぶっ飛ばす楽しい企画です。

もともとは、お母さんが産後に楽しく体を動かすってことから始まったそうですけど。
その楽しさが半端じゃないって感じが、踊る姿から発散されています。

結婚後、特に子供が生まれた後、女性がなにか活動をしようとしたとき。最初はいろんなことをやりたいとか言っていても、そのうち、いつの間にかフェードアウトしてしまうケースが多いのですが。
その大きな原因は、夫など家族の理解というか、協力がないことだったりします。

ヒップホップなら、夫婦が一緒にできますし、協力しても楽しい。
しかも、カッコ良ければ、子供も両親を尊敬します。
子供が喜びだしたら、ジジ、ババも喜ぶ。
これなら、夫や家族の理解と協力も得られます。

てなことで、あまりに楽しそうに踊っているので、黒山の人だかりができました。

こちらも、面白いから、アンプのボリュームの限界まで上げて、曲によって音もかなりいじったりして楽しんでしまいました。
ついでに音響をいじりながら、パシャリ。

次は、カリンバ奏者のスズキキヨシさんのワークショップ。
参加型ワークショップなので、子供たちも、大人もワイワイと音を鳴らしています。
そうすると、いろんな人が巻き込まれていき、みるみるうちに、お客さんがいっぱいです。

そのノリの良さに、5時からのステージに出演する「感謝」のノリさんも、その場のノリでセッションに参加。

明日、20日は残念ながら「ママヒップホップ」はありませんが、そのかわり「ママ・ゴスペル」があります。むっちゃ楽しみ。

スズキキヨシさんのワークショップは明日もあります。

スケジュールはこちら

ぜひお越しください。

一方、ツナミクラフトも、ちゃんと販売しています。

マングローブや熱帯雨林の植物で染めた草木染めのベビースリングを「自然育児友の会」のブースで販売しています。
少ししか持っていってなかったのですが、さすがアースデイ、ナチュラルなものが売れるようで。とても地味に売っていたにもかかわらず何本か売れたので、明日補充いたします。
お楽しみに。

余談ですが・・・

出し物の合間に、minalu さんという大阪のミュージシャンの「つながるいのちへ」という曲を流していたら・・・
うしろから、CDと同じ声で歌詞を口ずさんで女性があらわれました。
なんと、minaluさん本人でした。

歌詞がベビーアースデイにぴったりなんで流していたのですが、まさか本人が”あらはれ”るとは思いませんでした。

今日だけで、何人か、この曲の入ったCDが欲しいと言ってましたと報告。

ちなみに、こちらで買えます。

CDタイトル HIROKO(MINALU)「あらはれ」
『あらはれ』 MINALU(川西宏子)
岡野弘幹プロデュース作品

【母と子の絆を取り戻すために
母と子の絆、すべての生命の絆をテーマに、心温まる愛の詩を歌にのせた、素朴で軽やかで、しかし深く心に響くサウンドメッセージ。優しさにあふれたこの 音楽に触れるとき、きっと心の中に温かい絆と勇気が生まれることでしょう

アンビエンス AMB-007
税込定価¥2,625(税抜定価¥2,500)
JAN:4560256130068
全11曲 45’18”

http://www.minalu.jp/

または

http://www.tenkoo.com/

視聴は こちら

[CANPAN blog STILL ALIVE より]