おばけが出回っています。 [2008年07月31日(Thu)]

夏と言えば「怪談」。
その主役は「おばけ」です。

最近、東京おもちゃ美術館のトイギャラリーaptyでは「おばけキーホルダー」が、急激に人気が爆発しました。

理由はわかりません。

あわてて、大量発注したら。
生産が追いつかないようです。

なぜ、生産が追いつかないかというと、このおばけキーホルダーは、タイの施設に住む約20人の子供たちが作っているからです。

生産しているのは「希望の家」という、タイ北部のチェンマイ郊外の児童養護施設です。
ここには、タイの山岳民族の子供たちが暮らしているのですが、その多くはエイズや麻薬などが原因で親を亡くしています。
辛い過去を背負っているのですが、希望を持って生きていけるようにと「希望の家」と名付けられたそうです。

このキーホルダーには、作った子供のサインが入っているのもポイントです。
そして、ひとつひとつ顔が違うのも特徴です。

通販は、クラフトエイドで行われていますが。

できれば、顔を見て、お気に入りの1つを選んでみるのもいいと思います。

東京おもちゃ美術館 トイギャラリーApty 四谷店

[CANPAN blog STILL ALIVE より]