熱帯雨林をトレッキング [2008年08月31日(Sun)]

午後は熱帯雨林を歩きました。
タイ南部の平地の多くは、開発が進み、ゴム林、パーム林になっており、熱帯雨林は傾斜地だったり、人口密度の低い地域地域、そして国立公園に限られてしまっています。
ですので、熱帯雨林を歩くのは貴重な機会といえます。

ガイドと通訳と私たちとホストファミリーの長女というクルーでジャングルに入ってゆきます。

雨季という事もありとても蒸し暑いのですが、日本ではみれない植物がいろいろあります。

植物も複雑にからみあっています。

プーケット在住の元ゴム農園経営者に聞いた話ですが。
ゴム農園、パーム農園に慣れてしまうと、熱帯で過ごしているタイ人でさえ、熱帯雨林のことを知らないようで。どのように対処したらいいかが分からなくなっているのだそうです。
それだけに、このようなトレッキングコースがあることで、少しは熱帯雨林の事が地域に伝承されてゆければと思いました。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]