「アンダマンスマイル展」着々と準備中  [2009年05月12日(Tue)]

14日から始まる「アンダマンスマイル展」の会場設営が始まりました。

勢揃いした、バーンタンナムチャイの子供たちの絵。

ど迫力のさをり織りのオブジェ。
ちょっとした遊び心の織りもあったりするから面白い。

「アンダマンスマイル展」 http://tsunamicraft.asia/andamansmile/

●主旨
2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震によるインド洋大津波から4年が経過しました。タイ南部における津
波被災地では、被災者ケアが行われ多くの成果を挙げていて、そのひとつがアートを活用した心のケアです。津波
孤児や被災者たちが、前向きに生きているところを展示を通じて知ってもらいます。一方、日本では、次々と起こる
事件や出来事に翻弄され、人々は不安と閉塞感を感じています。復興のプロセスとともにタイ南部の笑顔を多角的
に伝えることで、日本に笑顔を取り戻すヒントを提示します。

●名称 「アンダマンスマイル展」

●主催: NPO 法人市民の芸術活動推進委員会、マーヤーゴータミ財団

●後援: 在京タイ王国大使館、新宿区、新宿区教育委員会、財団法人新宿文化国際交流財団、NPO 法人国際教育
情報交流協会、NPO 法人さをりひろば、東京都図画工作研究会、全国造形教育連盟、スナンタナワラーム
森林派寺院

●協力: ぺんてる株式会社、ドゥアンプラティープ財団、ツナミクラフト

●運営: アンダマンスマイル実行委員会

●日時: 2009 年5 月14 日(木)~23 日(土) 10 時~18 時 ※開催期間中休みなし

●場所: CCAAアートプラザ (東京都新宿四谷4-20 四谷ひろば)

●入場料: 200 円 中学生以下無料

●実施内容 タイの津波孤児施設に暮らすこどもたちが描いた絵、ポートレート、被災者支援のクラフトを展示

◯津波孤児施設「バーンターンナムチャイ」作品展 (約100点)
2009 年3 月14 日~ 16 日にパンガー県タクアパー郡の津波孤児施設「バーンターンナムチャイ」で実施した、訪タイ共同作業の際に制作された、タイのこどもたちの作品を展示。(指導: CCAA理事長 鈴石弘之)

◯フォトグラフィック作品展 「Heart Beat」 Nory Qareeb

◯ツナミクラフト展

問い合わせ先 NPO 法人市民の芸術活動推進委員会 電話 03-3359-3413 FAX-3354-2708 http://www.npo-ccaa.com

[CANPAN blog STILL ALIVE より]