繋がる街 [2009年07月27日(Mon)]

前の記事では船橋の負の面を書きましたが。
一方では、いろんな繋がりが広がっています。

古い通りには、NPOやらなにやらいろんな活動をしている看板が立っていたりします。

たとえば、勤労市民センターの前の通りにあるコミュニティカフェ「ひなたぼっこ」
さをり船橋の方に紹介してもらって行ってきました。

ここは、NPO法人ちばMDエコネットが運営しているカフェで。若い仲間たちが働いています。
もともと石屋さんのショールームだったところが空いたので、そこを利用して開店したとのことで、豪勢に石が使われているので少し不思議空間ができていますが。
とっても美味しいコーヒーがいただけます。

店内には船橋市内のフェアトレード精神にのっとった輸入雑貨屋さんの「Chautara(チョウタラ)」の取り扱い商品をはじめ、津波のさをり織りなど、やさしい商品が置かれています。

その中にみつけちゃいました。

チェンマイのさをり織り「ヒーリングファミリー財団」の作品がありました。
ぱぁっと明るいツナミクラフトのさをり織りと違い、北部らしいちょっとシックなデザインになっています。

帰り際に、焼き菓子のおいしいにおいがしたので、ついつい買っちゃいました。
焼き菓子はけっこう力仕事で、作るのが大変なのですが、とても美味しい焼き菓子でした。

コミュニティカフェ<ひなたぼっこ>
千葉県船橋市本町4-31-23
TEL 047-426-8825

[CANPAN blog STILL ALIVE より]