ラブ☆フロンティア2010に参加してきました [2010年03月27日(Sat)]

本州最西端の町下関にある海峡メッセ下関で開催された『ラブフロンティア2010』に参加してきました。

ラブ☆フロンティアは、エコキャップ運動など環境問題に取り組むミュージックフェスティバル。
アリーナと野外の大きなステージではたくさんのミュージシャンやファッションショーなどが行われ、地元の食材やエコ奈飲食、フェアトレードなど、楽しい店もたくさんならんでいます。
九州の大学生たちも海峡を渡ってボランティアスタッフとして参加したりと、賑やかな雰囲気。

ツナミクラフトのブースは、フェアトレードのコーナーにあります。
フェアトレードコーナーは、地元のFEELさん、大分県中津の大地さんなども出店しています。

今朝の毎日新聞に、人事異動の発表で紙面が割かれる中で、記事が載ったので、新聞記事をさっそくブースに掲出。

今回は第一回目であることと、本来なら昨年の秋に実施する予定だったのですが、新型インフルエンザの影響で延期になり、野外イベントシーズンの幕開けとなる時期と急に決まり告知が不十分で、しかも強力な寒気の影響など悪条件が重なったこともあり、集客はいまひとつでしたが。
産業が低迷している地方で、これだけのイベントができる地域の底力を示せたイベントだと感じました。

ハコモノによる経済対策がいきわたったあと、昔、プロ野球球団がいたことなど、レトロを売り物にするなど、過去の資産を観光の売り物にする傾向があるなかで、新しいことをやる、これ自体が「ラブ☆フロンティア」だと思いました。
ゲストの相川七瀬さんが、最後の曲の前に、「ラブ☆フロンティアの発展を願って歌います」という一言が入った。
私も相川さんと同じ気持ちだったりします。
記念すべき第一回目に出店できたことを嬉しく思っています。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]