ユーカラ織りを見てきました [2010年06月29日(Tue)]

朝一番からユーカラ織りを見に行きました。
車で美術館を目指すと目の前に森の中に古城のようなものが・・・

どこかで似た印象の風景があったなと思ったら、カナダのバンフーにあるホテルでした。これを一番最初に視界に入ったときの風景に似ていました。
規模は全然違いますが・・・

ユーカラ織(優佳良織)はなかなか見事なものでした。
でも、見応えがあったのは、世界の織りと染めを展示している美術館の方でした。
今は技術が進み、手軽に布が手に入りますが、つい百年ぐらいまではかなり貴重だったというのがよくわかります。
ここはおすすめです。

『織りと染めのパノラマ展』 国際染織美術館

雪の美術館はパスしました。

それと、優佳良織の販売コーナーを見ていて、ツナミクラフトのさをり織りは、まだまだではありますが、意外とがんばっているとも思えました。
5年、10年、20年と続けると、タイ・パンガー県の文化になれるのではと思いました。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]