北の街で野菜を届けること [2010年06月30日(Wed)]

札幌のフェアトレードショップ「これからや」さんにいたら、無農薬野菜の移動販売車が来た。
使い込んだハイエースにたくさんの野菜と食品が積まれている。
この後、北大の方に向かって走り約40軒に野菜を届けるという。
お客さんの多くはお年寄り。安くて安全な野菜とともに、短い時間だけどお店の方との語らいの時を届けているとのこと。

北海道は今の季節はいいが、お年寄りに限らず、冬となるとどうしても家に閉じこもりがちになる。だからこそ、こういうコミュニケーションが人々の生き甲斐や励ましとなる。

今シーズン最後のいちごをいただきました。
ちいさいということと、車で揺られたとのことで、少しお安くしてくれました。

いちごは、本来初夏の果物。
しかし、クリスマスケーキに使用されるとのことで、ハウス栽培が中心となり、いまや冬の食べ物になってしまいました。

また、来年も初夏の旬いちごが食べられますように。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]