さをり本舗ねこや [2010年07月25日(Sun)]

ツナミクラフトは仙台の取引先が多いのですが。仙台にもう一軒取引先が増えました。

 

「さをり本舗ねこや」

このお店は1年前にオープンしたあたらしいお店。
仙台市としては新しく開発の進んでいる宮城野区小鶴新田エリアにあります。

店に入ると、美しくさをり織り製品が並べられています。
奥にはさをり織りをしている手織りの工房があり、カフェも併設され、和やかな雰囲気があります。
フリースクールと繋がっているのも、場作りのうまさの一因かも。

ツナミクラフトの取り扱い店で、これだけのさをり織りと共に並ぶのは今回が初めてです。
こちらの作家さんの作品だけでなく、いろんなさをり織りの作品も展示・販売されているので、とても刺激的です。

■本日の力作 織り部門

丸の使い方がなんとなく60年代ファッション風。カフェとかラウンジにあるとおしゃれ。
昔の阪急ファイブのマークを思い出しました。
型紙を作って、模様を作っていくのが芸風だそうです。
こういうやり方もあるのかとびっくり。

■本日の力作 縫製部門

パッチワークのディーバッグ。
かっこよすぎ。
ファッション誌から抜け出てきたようです。
同時に、なんとなく手塚治虫の「ヒョウタンツギ」に見えてしまうのもお茶目なところ。

さて、なぜ「ねこや」なのか、所長さんに聞いてみたところ、ねこのように、自由でいて、それでいてしゃんとしている、そんな姿を目指しているとのこと。

さをり本舗ねこや
仙台市宮城野区新田3-20-25
TEL 022-352-1215

そうそう、ねこやさんに、半年前からさをり織りを織っているとおっしゃる方がいらっしゃったのですが。それまでは、漁港の近くで魚の加工をしていたのだそうです。
ツナミクラフトの作家さんたちも、津波が起きる前、漁港のある街で暮らしていた方が多いので、なんか親しみがわきました。
他にも何人も楽しくお話しできてうれしかったです。
今後ともよろしくです。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]