モーケンの村に行く [2010年12月01日(Wed)]

スリン島にあるモーケンの村に行ってきました。
文字を持たなくても、津波の伝承があり、村は全壊したが、人々が助かったというモーケン。5年ほど前は入れなかったそうですが、ガイドさんに交渉して、モーケンの村に入ってきました。

南スリン島の砂浜にあるモーケンの村。

若い衆は、観光客の乗る船を操る仕事に出向いているので、ほとんど老人と子供しかいない。

 

今は石油で動く船になったためもあるのでしょう。現金収入を得るためのクラフト作りが行われていました。

お金持ちとコミュニティセンターは太陽電池が。
ガイドさんは、石油で走る船と共に、太陽電池の説明として「モーケンにもニューテクノロジーが導入されてるんだ」とおっしゃってました。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]