ペットボトルの水を買わないでほしい [2011年03月12日(Sat)]

震度5弱の大きく長時間にわたった揺れ、未曾有の大災害が起き報道され、多くの人が帰宅困難となった東京。しかし、交通機関と一部の停電の残った地域以外は普通に生活に近い状態です。多くの人が不安になっているのは仕方がありません。だから、ついつい、カップラーメン、パン、使い捨てカイロ、カレー、米、トイレットペーハー、そしてペットボトルの水と、いろんなものを買い込みたくなる気持ちもわからないでもない。

でも、できるならば買い占めてもらいたくないものがあります。
それは、ペットボトルの水です。

私が阪神大震災に遭ったとき、水を入れる容器が無いことで困りました。
湯沸かしポットに入れても2リットル、バケツにいれても8リットルなので、段ボール箱にビニール袋を入れてバケツの代わりを作りました。
翌日、水が無くて給水車を待つと最低4時間待ちになるということで、それならばと、その日に開通した電車に乗って水道の通っている大阪に行きました。
しかし、どこの店に行っても、ペットボトルの水も大きなペットボトルの清涼飲料水もありませんでした。なぜ、ペットボトルが欲しかったかと言うと、電車で水を持って帰りたかったからです。
しかし、すでに大阪の人に買い占められてしまっていたのです。
はたはた困って、天満の市場の近くの行きつけのファミリーマートに行ったところ。おやじさんの配慮で使い古しのペットボトル何本かに水を詰めて分けてもらいました。
それをバッグにつめて、徐行運転をしている阪神電車に乗って帰宅しました。
おっちゃん、そしてバイトのおねーちゃんありがとう。

とはいえ、この事について、大阪の人には悪いのですが、今でも恨んでいます。
それと同じことが、いま東京で起こっている。とても残念でなりません。
東京の水道は耐震化工事がほぼ終わっているため、このぐらいの地震では断水しない。ジャブジャブ水が出てきます。
それなのに買い占める。

あるスーパーでレジ付近で観察すると、実際は買い占めている人といっても、一人で2リットルを2本とか3本なのですが、レジに並んでいる3.4人に一人がその割合で買っていて。いつの間にか、あっという間に売り切れてしまうという感じです。
この調子なら、自動車で買いに行くようなディスカウント店なら、6本単位で売れているんでしょうね。
これらの量は、一人当たりは、大した事がないとも言える。だから、それぞれの人は買い占めているという意識がないのかもしれません。
災害の発生によって、単に買うタイミングが集中したため在庫が急減しているだけとも言えるかもしれません。

おそらく、これから、東北地方から、原発の放射能漏れの避難勧告の件も含め、着の身着のまま、命からがら逃げてくる人が来るかもしれません。しかし、その避難してきた人が、持ち歩ける水。飲用や調理用など、いろいろな用途に使える水が確保しにくいというのは、困った事態だと思います。

余震が続き、不安なのはわかりますが、冷静に考えるとそんなに困っていないのに、本当に困っている人の分まで買い占めてしまうのはどうなんでしょう。

世の中、何が起きるか解らないと言うのは、世の中の常なのですが。常に最悪の事が起きるとは限らないと言うのも世の中の常です。
冷静になって、今、自分たちに何が必要かと、本当に困った人が現れた時どうするかを考えて購入してほしいと思います。

とはいえ、既に売り切れた店もあるという話もあります。
既に買い込んだ人は、困っていそうな人を見かけたら声をかけて、相手の要望を聞き、自分の判断で、自分なりの方法で分け与えて欲しいと思います。

ファミマのおやじさん今も感謝してます。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]