神戸→タイ→岩手 物資運びツアー 募集中 [2011年06月24日(Fri)]

ブログに掲載し忘れていたのですが、神戸→タイ→岩手 物資運びツアーを募集中です。
プーケットを楽しみながら。
神戸からタイのさをり織り製品の材料として長田の靴工場で余った合成皮革を運搬し、タイから岩手県で実施する災害復興のための心のケアと内職づくりの手作業のプロジェクトのための材料などを運びます。

今回の目玉は日本初企画。タイの津波避難所に宿泊できます。
避難所といっても、体育館に段ボールの仕切りという避難所じゃなくて。
12メートルの高さのところにダブルベッドの洋室があるという豪華仕様。窓からはマングローブが一望できる。
施設内には保育園があり、子どもたちと遊べます。
いわゆる避難施設は、単に高くて屋根があり、食料などが備蓄されているというものですが。
ここは、全く新しい発想で、普段から地域住民や旅人との繋がりを持ち、普段から利用してもらい。災害時に気軽に人が集まれるというもの。
確かに今回大活躍した日本の海岸地域の高台にある体育館やスポーツセンターも同様の発想でつくられたものですが。
平坦な土地には高台が無いのでこのような施設が便利です。

ちなみにタイの他の津波避難施設。

[CANPAN blog STILL ALIVE より]