被災地をつなぐさをり織り 展示作業終了

11日から16日まで、JR神戸駅前にあるHDC神戸にて展示をする被災地をつなぐさをり織りの展示作業が終わりました。

布も熊本地震発生日にちなんだ414メートルを超えたので、エスカレーターを降りたところにも展示スペースを追加しました。
こちらには、311メートル、414メートルを突破した所や、阪神淡路大震災の震源地の上にある北淡震災記念公園で織った所、長岡市の川口地区で中越地震10年目の日に織った所、インド洋大津波10年目にプーケットで織った所、ネパールやニューヨークやタイで織った所など、ポイントになった布を中心に展示しています。

階段の手すりの部分にもポイントになった所も紛れています。是非チェックしてください。

踊り場には全国を回った織り機とパネルを展示しています。
是非見に来てください。