フェアトレードフェスタinさっぽろ 2018

今年もフェアトレードフェスタinさっぽろに出店してきました。最初が2008年だったので、札幌に10年通った事になります。
今回はいつもの大通公園の他に、札幌ドームにサテライト会場があり、ツナミクラフトはその両方に商品を出しました。


大通公園の会場は、ヒマラヤンマテリアルと同じテントでの出店。
「フェアトレード海のもん、山のもん」チームです。
まかないとかもシェアしながらの出店です。

ステージではサンバとかアイヌアートプロジェクトとか、ドラムサークルとか楽しい雰囲気。
この季節に北海道で出展できるのは気持ちが良い。

一方、札幌ドームの環境関係のイベントのサテライトでは、コウシエンコーヒーロースターズさんとコラボした「虎を守るコーヒー」が好調でした。
絶滅危惧の動物保護、熱帯雨林保護など、環境系のイベントとの相性も良かったのもありますが。
北海道にいる阪神ファン関係者が購入したようです。
北海道は、いまでこそ日本ハムファイターズの世界ですが、かつてはメディアの影響で読売巨人軍が人気でした。その一方で、昔から野球の好きな人の中には、巨人ではなく、阪神を応援する人が潜在的にいるとのこと。そういう人にプレゼントという事で購入されました。

フェアトレードにも、特定球団とのコラボが時々あります。
10年ほど前にシャプラニールより販売されたベンガルトラを守る「トラ・カム・バッグ」などがありました。こういう、特定のファンに訴えかけるフェアトレードの在り方というののも面白いという評価をいただきました。

 北海道のマウベシコーヒーと甲子園発の虎を守るコーヒー。