スタディツアー

最新のツアーはこちら

ツナミクラフトでは、2008年夏より、毎年、春と夏にタイ南部の津波被災地を訪ねるスタディツアーの参加を呼びかけています。参加者は学生から一般、専門家、ジャーナリストなど様々で、楽しみながら学べるプログラムです。カウンターパートナーはエコツーリズムや持続可能な旅に関する多数の賞を受賞したり、龍谷大学海外体験学習プログラムに何度も採用され、新聞記事や学会発表につながるなど、各所で様々な評価を受けています。参加した学生は、参加する事でアクティブになり、留学を決める、大学のボランティアの代表者になるなどの活躍が見受けられます。

※ツナミクラフトは旅行会社ではないので、募集型企画旅行として旅行代支店の企画・実施で行い、ツナミクラフトも同行する形をとっています。

2017年夏ツアーについてはこちらをご覧ください。

2017年春ツアーについてはこちらをご覧ください。

特徴

  • 体験型プログラム
  • 地域の誇りを大切にしたコミュニティ・ベースド・ツーリズム
  • 地域の人との交流
  • フェアトレード生産者訪問
  • 震災後の地域の復興プロセスを学ぶ
  • 食事がおいしい
  • 費用は地域のためのお金になる

主な訪問地

  • さをりトレーニングセンター
  • 児童養護施設「バーンターンナムチャイ」
  • タレーノーク村 ホームステイ
  • タパヨイ村 ホームステイ
  • トゥンダップ村 ホームステイ
  • CDC(コミュニティ・デベロップメント・センター)
  • ナムケム村津波メモリアルパーク
  • スリン島 海洋少数民族モーケンの村