ついに恐れていたことが・・・ 児童養護施設にクラスター発生

ついに恐れていたことが起きました。

問題を抱える70人の子供たちが共同生活をするタイの児童養護施設「バーンターンナムチャイ」でコロナのクラスターが発生しました。

3月初旬、打ち合わせをしようとしたら、とにかく2週間控えてほしいとの連絡がありました。

なんか、いやな予感。

それが的中しました。

児童養護施設の子供に感染者が多数現れたのです。クラスター発生です。

どのような対策をしたかというと。

・児童養護施設には3つの建物があるので、そのうち一つを感染者棟にして、ゾーニングを実施。

スタッフにあえて感染者になってもらい、24時間子供たちを世話をする担当をつけた。命がけです。子どもを中心に考え抜いた判断です。

・コロナに感染した子供とスタッフは、常に医師の処方により、抗生物質と解熱剤を飲んでいます。
早くコロナの感染後に効くちゃんとした薬が出てほしいものです。

・一日3回の食事を準備して差し入れています。

・PPEという防護服を着て、消毒剤を毎回スプレーするスタッフを配置。感染した建物や建物の外も含め、すべてのエリアの消毒しました。

・感染していない子供や、接触のリスクグループは、毎日3回ごとに感染チェック。

これで、なんとか感染した子供たちとスタッフは回復しました。 

しかし、まだ常に注意する必要があります。 

そんな困難のなかでも、クラウドファンディングのための子供たちの作品作りが続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。