畑をつくってステイホーム【タイの児童養護施設】

タイは夏休みと被っているということもありますが、日本と同様に学校が休校となり長期間児童の外出が制限されています。ツナミクラフトのスタディツアーで訪問をする児童養護施設「バーンターンナムチャイ」の子どもたちも「ステイ・ホーム」です。

長期化する自宅滞在によるストレス解消と食糧自給を目的に敷地内に畑をつくっています。
植物が育つ楽しみ、手をかける楽しみ、収穫の楽しみ、食べる楽しみ。
いろんな楽しみがあるので、長期間の滞在に適しています。

この施設には、野菜を生産する水耕栽培のプラントやキノコの栽培施設もあるのですが、畑を耕すのはまた別物のような感じです。

それにしても、広い土地があるのは強いですね。

ツナミクラフトのスタディツアーは8月に実施出来たらと思うのですが、どうなることやら。

※このページの写真は、バーンターンナムチャイのスタッフが撮影したものです。許可を得て掲載しています。

■スタディツアー問い合わせフォーム