立体展示をしようとすれば、自立する仕組みと、布の補強が必用です。
ということで、コンクリートの中に埋め込む鉄の網と、害獣除けの鉄のフェンスを入手してスタンドを製作しています。
モノタロウで注文すると、現物の値段に近い輸送費がかかりました。
コーナンプロショップになかったので、足りなかったらロイヤルホームセンターや材料屋に行かないとないですね。
耐荷重も計算して設計するのと、怪我をしないように鉄線の先端を養生しました。キャップの個数は2000個必要でした。ひとつつけるのに5秒として10000秒なので、休みなしで頑張って3時間でしょうか。
とりあえず頑張ります。
今回は大型ディスプレイをもっていかないので楽です。

香港の展示に使った鉄の網は5インチ間隔に1/6インチの鉄の組み合わせなので丈夫ですが。
日本では10センチ間隔に3mmの鋼線なので強度不足が懸念されます。
先端の処理の数も多い。


作品制作の材料費、輸送費、滞在費用、会場費用、印刷物だけで50万円ぐらいかかっています。
クラウドファンディングのご協力をお願いします。
12月15日現在で、展示に必要な費用の20%はなんとかなっています。おかげで、鉄の網などが購入できました。応援をよろしくお願います。