香港から布が戻ってきました

9月1日から10月9日まで、賽馬会創意芸術中心にて展示していた「被災地をつなぐさをり織り」ですが、社區文化發展中心(CCCD)の手によって、10月29日にFreespace 自由空間 において自由爵士音樂節(ジャズフェス)にておひさまの下で展示をしていただきました。ありがとうございます。

ここは海に近い緑地です。
香港は人口密度が高く、高層住宅が立ち並びますが、そのぶん、空気の流れとかに気を使っていて。人工的で常に開発をしていて住宅が密集している一方で、緑や水を大切にしたいという意図も感じられます。

呼吸や農業などへの意識が見られます。アートと融合して人間性を大切にする活動が行われています。

それから、荷造りをして、香港から日本に荷物が届きました。
箱には「特重」マークがついてます。

長旅お疲れさまでした。
無事につきましたよ。

次は、和歌山、そして西宮です。もしかすると。その次は、大阪?

ツナミクラフトの活動には、直接的な公的支援のお金は使われていません。みなさんの協力で成り立っています。この数年、何か所かで、公共施設を無料で貸してもらえるという事が出てきましたが。基本的には公共施設においても減免無しで場所を借りて展示をしております。

↓ツナミクラフトの活動を応援願います↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です